カタカタカタカタ…….これが僕の日課でした。

カタカタカタカタ…….これが僕の日課でした。

 

どうも。
伊藤友彗(YOU)です。

 

今日もFLP講座を
お届けしていきたいと思いますが
FLPの目的をまとめると、

まずは、あなたに10万〜30万程度
の小さな実績を出してもらい、

その後は「情報発信」によって、
収益を雪だるま式に増やしてもらう。

 

そして、仕事が楽しいという感覚を
養いながら、理想のライフスタイルを送ってもらう。

 

ということでした。

 

ちなみに昨日、
どんな内容だったか覚えていますか?

ちょっと試しにクイズしましょうか。

 

Q:なぜ僕が人事を無視して起業したのか
→「人事が〇〇したことなかったから」

 

Q:起業に必要なのはアイデアではなく…?
→「〇〇」

 

Q:モノを数個売るだけで十分?
→YES or NO 

 

はい、考えてみてください。



 

Q:なぜ僕が人事を無視して起業したのか
→「人事が起業したことなかったから」

 

Q:起業に必要なのはアイデアではなく…?
→「視点」

 

Q:モノを数個売るだけで十分?
→YES

 

でした。

 

あっていましたか?

 

ちなみにクイズ形式にすると、
人の記憶力というのは高まります。

 

教科書を読んでも全然覚えられないのに
問題集解いて復習すると覚えられる
って経験ありますよね?

 

あれを応用した記憶法で、
“クエスチョニング”という技術です。

 

今後、復習はこのクイズ形式で
やりましょうか。

 

この方が忘れにくいので、
効率的にレベルアップできます。

 

さてさて、
では復習は終わりで、
今日の内容に入っていきたいと思います。

 

今日の講座が理解できると、
常識に縛られなくなって、視野が広がりますし、

すると出来ることの幅が大幅に広がっていきます。

 

また、ビジネスで成功するために必須の
価値観も解説するので、覚えておくことで、
失敗確率が格段に落ちます。

ぜひ、今日も真剣に
読んでみてくださいね。

レベルアップしていきましょう。

 

自由なライフスタイル……?

カタカタカタカタ……

 

大学在学中、僕の日課は、
授業が終わり次第、

家にそそくさと帰っていって、
ネットサーフィンをすることと、
書店を回ることでした。

 

論文を漁ったりとか、
書籍を立ち読みしまくったりとか、
ブログやサイトを見て回ったりして、

 

どうすれば、起業して、
もっと面白いことをしながら、
理想のライフスタイルが実現できるかなと、

そんなことを考えていたのです。

 

しかし、なかなか見つかりません。

 

周りは就活をし始めています。

 

 

焦っていました。

 

 

どうすればいいのか?
皆目検討も付きませんでした。

 

しかし、まぁ覚悟はしていました。
ゲームでもなんでも、重要な宝箱は
ラスボスを倒したあとか、
凄く込み入った裏道にしかないです。

 

ちょっと探しただけで見つかるなんて
そんな上手い話があるわけないよな、
と理解していました。

 

だから僕は1通のメールを貰ったとき、
非常に戸惑ったのです。

 

「自由なライフスイルを実現しませんか?」

そう書かれたメールが僕に届きました。

 

これが、岡本さんとの出会いでした。

億の世界

 

岡本さんは現在、
既に億の世界へ辿り着いた起業家です。

 

最近は表の世界で活動していない様で、
プロのマーケッターとして、
裏で色々活動しているみたいです。

 

「理想のライフスタイルを実現しませんか?」

という、メールが届いたとき、
普段なら突っぱねていました。

 

 

しかし……..

音声教材で聞いた岡本さんの声は
非常に柔らかく、かつ説明は論理的で
ビジネスが出来るんだろうなぁ…..。

 

とそんな印象を僕に与えました。

 

 

 

岡本さんから、
そのメールを受け取ったとき、
即答する、ということは
さすがに出来ませんでした。

 

しかし、人生を懸けてみる価値は
もしかしたらあるのかもしれない。

 

そう思いました。

 

根拠があったわけではありません。
直感でした。

 

それから、大学でも
友達にそういう起業に関して
相談したりとかしました。

 

しかし決まって、

「そんな生活実現しないって。」
「無理に決まってんじゃん。」

と面白くない反応ばかり。

 

僕もあと一歩が踏み出せないのは、
彼らと同じ気持ちがあったからです。

 

しかし、チャンスが巡ってきたときに
しっかりキャッチできないと、

きっと、つまらない人生を送って、
あとあと、もっと挑戦しとけばよかった
とか、そんな後悔が残るんだろうな….。

そうも感じていました。

 

 

行動力が重要だということを
僕はこの頃から感覚的に理解していました。

 

 

そして結果的には、
まぁこれで失敗したとしても、
人生になんらダメージないし、
イチかバチかやってみるか。

 

ということで、
挑戦することにしたのです。

 

それは僕の

 

常識への挑戦

 

でした。

 

 

この選択が、大きく僕の人生を
変えることになるなんて、
まさか当時の僕は知るよしも
ありませんでした。

 

勇気は必要でしたが、最終的には
結構、気軽な気持ちで飛び込んだからです。

 

しかし世間の常識は、相変わらず、

「そんな事できるわけないじゃん」
「無理だって」
「やるだけ無駄だって」

とそんな感じ。

 

ただ、常識ってよく考えれば
何の意味もありません。

 

常識って何かというと、
要は、「大衆が作ったルール」です。

 

成功するためのルールではなくて、
大衆が作ったルールなわけです。

 

いわゆる成功者と呼ばれる人たちの
人口比率はおよそ0.3%以下。

圧倒的にマイノリティ(少数派)です。

 

 

彼らと同じステージまで上がるためには
大衆が作ったルールに従っていては
到底たどり着けないだろうな、
と僕は悟ったのです。

 

だから、僕は常識を無視しました。
友人を、家族を、教師を無視しました。

 

もちろん彼らが心配してくれているのは
知っていましたが、
成功していない人間が語ることに
説得力はない、とそう思ったのです。

 

そして、「常識」という波に
飲み込まれるとどうなるか、
僕はそういえば、よく知っていたのです




常識の末路

 

常識というのは
人を容易にコントロールします。

 

人は労働して『当たり前』。
仕事は面白くなくて『当たり前』。
人間関係で苦しむなんて『当たり前』。

 

「そんなの無理だからやめときな」

親も友人も僕のことを
心配しているからこそ、
そんな言葉を投げかけてくれます。

 

しかし、彼らもまた、
常識に囚われているわけです。

常識が人を操り、親を友人を操り、
根拠のない心配を作り出します。

 

そして、その根拠のない心配に
「これ、面白そう」という、
小さな挑戦すら潰されるのです。

 

可能性の芽を摘み取られます。

そしてその結果、
常識の波に飲まれると、、、、

 

父のように苦しむことを
僕は知っています。

 

 

 

面白くもない仕事を
会社に拘束されながら強いられ、
行きたくもない飲み会に参加し、
気の合わない上司と一生一緒。

 

その割に少ない給料。

 

上司だけではなく同僚との
人間トラブルで嫌になったり、
自分の仕事スキルに自信を失ったり、
一喜一憂しながら今日も電車に揺られる。

 

会社を辞めようと思っても、
家族がいるから、という理由で
安易には辞められず、

 

自分を押し込めるが、結局は
体や心を壊してしまう。

 

これが、40年続くのです。

人生の半分持っていかれるのです。

 

正気の沙汰ではないな、と思いました。

 

会社が安定って思ってるのは、

 

・自分の体がずっと健康であること、
・今後経済の波が永遠に安定的であること
・今ある仕事がそのまま存在すること
・会社の業績が順調に上がっていること、
・年金や退職金が問題なくもらえること、
・事故や災害などもないこと、

 

こういった前提条件をもとに
みんな考えているからです。

 

しかし、40年も生きていれば、
体を壊すことだってあるし、
10年に1度は大きな経済の波があります。

 

シンギュラリティ、
つまりAIが人間の知能を超えるのは
僕は今のところ無いと思っていますが、

あらゆるデスクワーク、単純作業は
このままいけば、近い将来、AIに取って代わられます。

 

 

しかも厄介なのが、

・体を壊した瞬間、
・経済がぐらついた瞬間、
・AIシステムが導入された瞬間、

 

蛇口をひねるように収入が
途端に止まってしまうということです。

 

 

僕は急に父が入院したことで、
その恐怖を感じましたし、
何も出来ない無力感に襲われました。

 

 

別に、なるようになるさマインドで
何もせず、現状のまま
突き進んでもいいとは思います。

 

それは個人の自由です。

 

実際、こういった将来の不安は
自分で体験してみないとわからない
と思いますしね。

 

また、企業組織の凄いところは、
人の価値観を「慣れ」によって操作
できるところです。

 

たぶん最初、入社したての頃は
会社への抵抗やストレス、
将来の不安などなども
大きかったと思いますが、

 

人間は便利な機能が付いていて、
どんな環境でもある程度
慣れてしまいます。

 

(既にこれが常識に飲まれている、という状況なのですが。)

 

 

だから、もう慣れちゃったし、
別に面白みはなくても、今のままの
人生で別にいい、のであれば、
僕は特にそれを否定するつもりはありません。

 

ただ、収入は会社から与えられるもの
というフレームの中で生きていると、

 

「自分で収入を得る」ことを知っている
人に比べて随分とギャンブル性は
高い人生になるだろうし、

 

そのリスクは今後、
どんどんと上がってくると思います。

また、人生の自由度も大きく変わります。

 

そこだけは意識しながら
生活していくといいと思いますよ。

 

マスの時代は終わって、
個人の時代が既に来ていますからね。

 

だからこそ、何度も言っているように、
「リフレーミング」が必要なのです。

 

既存の常識というフレームを外して、
新しいフレーム(価値観)を取り入れて
いくことが必要なのです。

 

「確かに常識ではこう考えられて
いるけど、逆に考えればこうだよな。」

と考える癖を付けておくといいです。

 

まぁ、この講座を受けている段階で、
すでに常識(コモンセンス)へ

違和感を感じているってことだと思いますし、

 

ここまで読んでいるって
ことは常識を変えようという意識も
あるのだと思います。

 

学ぶ意欲や行動力がある人は
僕も好きですし、
今後も新しい価値観をどんどんと
提供していきたいなと思っています。

 

ぜひ、継続して下さい。

 

では、今日は早速、
あなたがビジネスするときに
持っておいた方がいい価値観を
提供しておきたいと思います。

 

(今までは考え方を重視してましたが、
ちょっとずつ、具体的なビジネス
テクニックの話も織り交ぜますね。)

 

ビジネスで成功するためのフレーム

 

日本人は、
「お金を稼ぐなら働いてなんぼ」
という常識を持っています。

 

「残業代で稼ぐ」という感覚は
日本人独特のものです。

 

ただ、これは一番持っていては
いけない価値観であり、常識です。

 

労働から抜け出せないと、
永遠に自由な時間は得られないし、
結局、働けなくなったら収入は
止まってしまうのですから、

 

「働かなくても入ってくる収入」
にこだわっていかないといけません。

 

労働しまくると、脳が飽きてきて、
楽しいものも楽しくなくなりますしね。

 

例えば、個人の働き方は多様化していて
転売やアフィリエイトなんてものも
今は気軽に取り組める時代になりました。

 

しかしながら、
転売してる人も梱包作業に追われ、
アフィリエイトをやっている人も
ブログ記事量産に時間を取られます。

 

別にそれをやってはいけないわけでは
ないですが、やるのであれば、
いずれ、「不労所得化」できることにすべきです。

 

バイトや資格を取ったりするのも
別に構いませんが、それも結局、
時給の世界から脱出できていないため、
永遠に労働することになります。

 

 

というか、そもそも
お小遣い稼ぎ程度の収入しか
得られないことをやる意味はないと思います。

人生変わらないですからね。

 

また、投資系は十分な不労所得が
できてから実践していくべきです。

 

僕の知り合いにも200万以上、
F Xなどで収益をあげて食べている
人がいますが、確実に禿げます笑

 

ストレスが半端ではないそうです。

しかも専業トレーダーは、
生活費がかかってくるので、
尋常じゃないプレッシャーがかかります。

 

だから投 資やるのであれば、
自動収入で最低300万以上は
収益が上がるようになってからにして下さい。

それからで十分です。

 

副業などサイドビジネスとして
取り組むのであれば、
お金を使うのではなく、頭を使って下さい。

 

お金を手にすると、資本力に頼って
割となんでもできてしまいます。

ただ、その分、思考力が衰えます。

 

だから、初心者の段階での
もっとも強い武器は、考えることです。

 

いかに自動収入が作れるか、
いかに面白いことができるか、
いかにお金を使うことなく勝負できるか

 

そういった軸で考えていくと
ビジネスは上手くいきやすいです。

 

「時給で稼ぐ」という常識を
リフレーミングしてください。

 

最初こそ労働しても構いませんが、
徐々に不労所得化できるものを
選んでいきましょう。

 

キーワードは、

『面白い』×『自動化』です。

 

情報発信ビジネス

僕も大学のとき、
色々と研究、リサーチしましたが、

 

自動化しやすくて、
クリエイティブで面白いことが出来る、

 

そんなビジネスは、
「情報発信」以外にありませんでした。

 

情報発信って言っても簡単です。

 

あなたもたぶん、

「駅前にできた美味しいレストラン」
「最近流行っている曲」
「最近読んだ本の話」

など、そういった話を、
友達や家族とすることがありますよね。

 

それが既に情報発信です。

 

例えば僕は本を読んで、
そこで学んだことを動画にして、
ペラペラと簡単に解説しました。

 

そして、その動画をYouTubeに
アップしたところ、顧客が流入し、
僕の販売していた商品を購入し、
だいたい月に100万の売上となりました。

 

本を買うのに1500円くらい
払ったのですが、一ヶ月で
660倍くらいになって返ってきました。

 

これが情報発信の威力です。

 

・作るのに費用がかからないし、
・在庫が要らないし、
・利益率が高いし、
・マイナスになる心配がないし、
・情報は作り放題だし、
・自動収入にするのが容易だし、

 

おそらく現存するビジネスの中では
最強のモデルだと思います。

 

僕はこれを使って、
自動収入で100万〜300万程度の
売上を毎月叩き出しています。

 

お金にそれほど価値はないので、
知識への投 資にガンガン使ってて、
貯金はどれくらいあるのか、
自分でもわかっていませんけどね。

 

ただ、知識はいくらでも後で
お金に変換可能なので、それでいいのです。

知識をお金にしたり、
体験をお金に変えることが容易なので、
情報発信というモデルを学ぶと、
今までの価値観は全て吹っ飛びます。

 

ただ、それほどに威力が高いので、
ぜひ悪用はしないように。

 

以前から言っているように
「視点」を売るようにして下さい。

 

じゃないと正しい価値提供が
出来ませんし、長く続けられません。

 

情報発信している人でよくあるのが、
煽りまくってセールスしまくるみたいな発信の仕方。

 

あれは愚の骨頂なので、
絶対やめてください。

 

必要な人に必要な情報が届けば
それが一番いいですし、
無理にセールスかける必要はゼロです。

 

生涯、情報発信してやっていくなら、
絶対にその方が良いので。

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

さて、ではちょっと長くなったので

復習しておきますけど、

 

・常識は大衆が作ったルール
・常識に飲まれてはいけない
・価値観をリフレーミングするのが重要
・労働はリスキーであり危険
・ビジネスするなら「自動収入」
・あと面白さが重要
・情報発信が僕の一押し

 

こんなとこでした。

 

せっかくなので、試しにSNSなどで、
僕から今日学んだことを自分なりの
解釈でまとめて発信してみるといいですよ。

 

もちろん、最初は全く
反応ないでしょうけどね。
媒体力もないですし、

まだ発信の仕方をお教えしてないので。

 

ただ、まとめると、
記憶定着もいいですし、

 

頭だけでなく感覚的に
情報発信がどういうものなのかが
理解できるようになると思います。

 

発信の具体的なテクニックみたいな
ものは次回、基礎となる部分を
まとめて解説しちゃいますので、
お楽しみに。

 

では、本日のワークをこなして

無料で海外旅行を楽しんできてください。

 

ワーク①
⬇動画を視聴して学んでください⬇
 

ワーク②
 

動画の感想or要約を送って下さい。

ワークはLINEの方に掲載していますので、そちらを実践してください!

 

친구추가

 

 今日のワークのプレゼントは、

「無料で海外旅行に行く方法」です。

 

日本←→ハワイくらいなら無料で、
誰でも簡単に行けます。

 

お試しあれ!

 

あと、次回は部屋をスッキリさせつつ
10万円手に入れる方法をお教えしますので、

そちらもお楽しみに。

 

明日の20時頃お届けします。

 

 

【その他のお得情報】

・豪華プレゼントの受け取り方
・チャンスの神様の話
・情報断捨離の話
・人脈構築の方法

こちらから!

 

 

by Libre Cafe オーナー YOU